サービス概要

RISが展開する事業をご紹介です。

RISが考える都市型マルシェとは

What is “Urban type marché”?

 「Marché」というのはフランス語で「市場」という意味です。産直の野菜や果物を生産者が直接販売しているため安く手に入る、生産者の想いや背景を知ることで安心感や食に対する興味が深まるといった魅力があります。
 さて、「地方型マルシェ」と「都市型マルシェ」の違いとは何でしょうか。地方においてはマルシェよりも直売所に生産者が野菜や果物を持ち寄り、そこが「市場」となっていることが多い印象です。
 一方、都市型マルシェは、地方の生産者が都内まで進出して出店するというようなある意味イベント的な要素も含まれています。
 実際、「都市型マルシェ」ときくと大規模商業施設やイベントスペースなどでのイベントをイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし、マルシェというものは本来イベントではなく日常的で、もっと身近なものであるべきだと思っています。

 RISが手掛けるマルシェは、高層マンションに囲まれた公園や公開空地であることが多く、“地域密着”「都市型マルシェ」として定着するように頑張っています。
 また、マルシェに対して、「オーガニック・無農薬・値段が高そう・どうやって調理したらよいかわからない野菜が売ってそう」といったイメージを持っている方も多いと思いますが、そういったものばかりではなく、市場には流通しない規格外品やお得意さま向けの裏メニューのようなものが手に入ったりして、どこか嬉しくなるとともに、食に対する関心も自然と高まっていくような食育の場でもあります。
 この食育というのはお客に対してだけではなく、生産者もエンドユーザーと繋がることで、「どうやって自分の作ったものの魅力を伝えられるだろうか。」という課題を解決する気づきの場にもなります。

マルシェ事業の紹介

まちづくりや地域活性化、コミュニティ形成につながるマルシェの企画・運営をしています。
フレッシュな旬の野菜や果物、こだわりの加工品、生産者との会話を楽しむことができるマーケットづくりを目指しています。

詳しく読む

キッチンカー事業の紹介
– 芝三丁目バス停 –

マルシェへ出店する農家さん、バイヤーさんの厳選食材を使用したフードバスです。
ランチやディナー、週末のマルシェやイベント出店、コラボメニュー開発、車両レンタル等幅広く展開中。

詳しく読む

キッチンカー事業の紹介
– 月夜のキッチン –

平日17時から20時にマンションの空地へキッチンカーを誘致するプロジェクト「月夜のキッチン」。増加する共働き世帯が負担と感じる“料理”の課題に対し、すまいの視点から解決を目指す取り組みです。

※本プロジェクトの企画・運営は、三井不動産レジデンシャル株式会社および三井不動産レジデンシャルサービス株式会社が行っております。

詳しく読む

Member

マルシェ事業・キッチンカー事業・メディアプロモーション事業・日本文化推進事業を構成するメンバー紹介です。

SHINYA IMOTO
代表取締役

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科システムエンジニアリング学専攻修了(修士)。学生起業でRIS Design and Management株式会社を設立。 

TAKAHITO SAKURAI
取締役 / CFO

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科システムエンジニアリング学専攻修了(修士)。学生起業でRIS Design and Management株式会社を設立。実家は千葉県柏市で約500年代々続く農家。 

NOZOMI IWATA
企画部

豪州にてDiploma in business management取得。日本語教師の傍ら、シドニーの留学代理店にて、メディアの集客数を平均値の6倍にし多くの顧客獲得に貢献。「学びの意欲」が溢れる場所が好き。自分自身も一生勉強!と思っています。伝えること、かたちにすることの難しさを楽しみながら、人の「記憶にのこる」仕事をしていきたいと考えています。

Tsuyoshi Ikarashi
日本文化推進事業部

大学で東洋的身体論を研究する。インバウンド向けの体験ツアーやショー、セミナーなどを数多く手がけ、以降「忍者 習志野」として国内外のメディアに多数出演。
国際忍者学会会員、日本ソマティック心理学協会会員、松聲館技法研究員(武術研究家 甲野善紀師範より賜る)関口流抜刀術 山田道場門下、山梨学院大学国際忍者文化サークル講師。 

Makoto Ikarashi
制作部

1960年生まれ。新潟県出身。千葉県在住。18歳で上京し塗料会社に勤務。
その後、交通安全施設設置工事業に30年余り従事し、引退。
現在RISでは設備メンテナンス等を担当している。
最近はマルシェ等のイベントで使用する什器の設計開発に力を入れている。 

Yoshinori shibasaki
キッチンカー事業部 -芝三丁目バス停-

Natsumi hashimoto
キッチンカー事業部 -芝三丁目バス停-

6年間吹奏楽部として活動し部長も経験。金管楽器で1番大きいTUBA(チューバ)担当。肺活量も体力も底なし!高校卒業後はフレンチレストランに就職。そこでキッチンカーと出会う。現在は芝三丁目バス停にて、仕込みから販売までを担当。